会社情報
  1. DPPヘルスパートナーズ
  2. 会社情報

会社情報

社長挨拶

原森社長株式会社DPPヘルスパートナーズは、糖尿病等による慢性疾患の再発と重症化の予防を目的として、平成22年12月に設立いたしました。 当社の事業の柱は、広島大学大学院の森山美知子教授が開発した「自己管理プログラム」を応用した独自の指導プログラムによる腎臓病の透析移行予防です。かかりつけ医と連携を図りながら、専門的な教育訓練を受けた看護職や管理栄養士が、面談や電話を通じて、みなさまやご家族を日常生活の面から支援いたします。
当社は、これまで病院の中で提供されていた看護サービスを広く社会の中で実践することにより、みなさまのQOL(生活の質)の向上と医療費の適正化に貢献したいと考えております。 また、専門的な技能を持ちながら、子育てやご家庭の事情により長時間働くことが難しい看護職の方々のために、短時間でも看護の仕事が続けられる職場づくりを通じて、資格活用のお役に立ちたいと願っております。

代表取締役社長 内海 良夫

社名の由来

“Your Health Partner”

「DPPヘルスパートナーズ」は、「看護師・保健師が、みなさまのパートナーとして疾病予防プログラム(Disease Prevention Program)に基づいた指導を行うことによって、みなさまの健康をサポートしていきたい」という思いを社名に託しております。

会社の使命

慢性疾患の重症化予防、再発・合併症予防を目的とした疾病管理(Disease Management)を行い、みなさまのQOL(生活の質)の向上と医療費の適正化を通じて、みなさまが安心して生活できる社会づくりに貢献いたします。

会社案内動画

会社概要

商号 株式会社DPPヘルスパートナーズ
DPP HEALTH PARTNERS CO.,LTD
URL http://dpphp.jp
所在地(本社) 〒732-0828 広島市南区京橋町1-23 三井生命広島駅前ビル2F
TEL:082-263-8874 FAX:082-258-2125
所在地(東京支社) 〒104-0061 東京都中央区銀座6-2-1 Daiwa銀座ビル9階
TEL:03-6274-6571 FAX:03-6274-6574
所在地(大阪支社) 〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-8-29 テラサキ第2ビル8F
TEL:06-6152-8674 FAX:06-6152-8075
設立2010年12月6日
資本金4,700万円
主要株主株式会社データホライゾン 他
代表者 代表取締役社長 内海 良夫
事業内容
  1. 看護師等による疾病管理及び疾病予防
  2. 在宅療養等に関する指導及び支援
  3. 看護師等の人材育成及び人材派遣
  4. 疾病管理・疾病予防・在宅療養等に関する周知広報及び興行
  5. 医療・保健・介護関連の器材・器具、出版物及び映像音声等のソフトウエアに関する企画、製作、発行、販売及び頒布
沿革

2010

12

会社設立

2011

 

呉市 国民健康保険糖尿病性腎症等重症化予防事業
京都府 南丹医療圏 糖尿病性腎症等重症化予防事業

2012

9

プライバシーマーク取得
安芸高田市 生活習慣病重症化予防事業

2013

7

東京支社 開設(東京都港区)
企業健保 本格導入開始

2014

2

東京支社 移転(東京都中央区)
立川市など首都圏 指導地域拡大

 

3

広島本社 移転(広島市南区)

 

4

大阪支社 開設(大阪市淀川区宮原)
近畿圏 指導地域拡大

2015

1

社長交代 代表取締役社長に原森 勝成 就任

 

2

大阪支社 移転(大阪市淀川区西宮原)
北海道・沖縄 指導地域拡大

2017

5月

社長交代 代表取締役社長に内海 良夫 就任


契約実績

※直接契約のみ掲載 ※敬称略

●自治体 [国民健康保険]

呉市(広島県)  立川市(東京都)
  安芸高田市(広島県)  知立市(愛知県)
  東近江市(滋賀県)  薩摩川内市(鹿児島県)

日本全国の26市町で実施[広島県6市町・東京都2市・愛知県2市・大阪府2市・北海道2市・鹿児島県2市 等]

取引実績

 

●企業健保

みずほ健康保険組合  公庫関係健康保険組合
  三菱重工健康保険組合  テレビ朝日健康保険組合
  JFE健康保険組合  

日本全国の企業健保31社との取引実績

ページの先頭へ戻る

重症化予防プログラムとは?

  • 重症化予防プログラムとは?
  • 糖尿病重症化予防指導プログラム
  • CKD重症化予防指導プログラム
  • 脳梗塞再発予防指導プログラム
  • 心筋梗塞再発予防指導プログラム
  • 高血圧疾病管理指導プログラム

ヘルスパートナーについて

プログラム導入のメリット