プライバシーポリシー
  1. DPPヘルスパートナーズ
  2. 個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて

制  定 :2011年 1月 1日
最終改定 :2017年 5月 1日
株式会社DPPヘルスパートナーズ
代表取締役 内海 良夫
事業者名

株式会社DPPヘルスパートナーズ

個人情報保護管理者

企画総務部 部長  TEL:082-263-8874

利用目的の特定

当社は、利用目的を特定したうえで、個人情報を取り扱います。

個人情報の取得

当社は、個人情報を適正に取得します。

個人情報の利用

当社は、特定した利用目的の範囲内で個人情報を取り扱います。

個人情報の管理

当社は、皆様から取得した個人情報を安全に管理するために、必要かつ適正な措置を講じます。

ご本人からのご要望に対する対応

当社は、ご本人からの個人情報に関するご要望に対して、以下のとおり適切に対応します。

個人情報の利用目的

当社が取得または保有する個人情報は、以下の利用目的で利用いたします。
なお、別途利用目的についてご同意いただいた個人情報につきましては、その利用目的の範囲内で利用させていただきます。
また、以下に公表する以外の利用目的で個人情報を取得または利用する場合は、改めて、その利用目的を本人に通知するか、または当社ホームページで公表いたします。

  1. お客様(慢性疾患重症化予防サービス対象者の皆様)に関する個人情報
    • お客様への慢性疾患重症化予防サービスの提供・発送
    • お客様から寄せられたご意見・ご要望・ご相談・お問い合わせへの対応
    • お客様へのサービス向上のための商品・サービスの開発、サービスの提供
    • お客様へのサービス向上のためのアンケート調査・モニター実施
    • お客様との契約の履行(慢性疾患重症化予防サービス個人会員の皆様)
  2. お客様(慢性疾患重症化予防サービス対象者の皆様)に関する通話音声記録
    • 慢性疾患重症化予防サービスの品質の維持・向上および品質の評価
    • 電話応答の正確性確保
  3. 研修会に参加された皆様に関する個人情報
    • 参加された皆様が申し込まれた料理教室・研修会等のサービス案内の提供・発送
    • 参加された皆様からお問い合わせの料理教室・研修会等イベント案内の提供・発送
    • 参加された皆様からお問い合わせの関連商品・サービスの案内・提供・発送
    • 参加された皆様から寄せられたご意見・ご要望・ご相談・お問い合わせへの対応
  4. 医療関係者(国保・健保など)の皆様に関する個人情報
    • 慢性疾患重症化予防サービスなど商品・サービスに関する情報提供
    • 慢性疾患重症化予防サービスなどの適正な提供に関する情報提供・収集・検討
    • 慢性疾患重症化予防サービスなどのサービスの品質に関するお問い合わせへの対応
    • 慢性疾患重症化予防サービスなどに係る医療情報・学術情報の提供・収集・検討
    • 医業関連情報などの提供・収集・検討
    • 各種挨拶状などの送付
  5. 当社の受託業務にともない委託元から提供された皆様に関する個人情報
    • 当社が受託した業務の範囲で委託元との受託契約履行
    • 受託した慢性疾患重症化予防サービスの業務の範囲で受託業務を処理
  6. 当社と取引関係にある法人または団体の皆様に関する個人情報
    • 業務上必要な諸連絡、商談、契約の履行
    • 取引先情報管理、支払・収入処理
  7. 株主の皆様に関する個人情報
    • 会社法などの法令に基づく株主の皆様の権利行使および義務の履行
    • 当社からの各種連絡の送付または株主としての各種便宜の提供
    • 当社および株主の皆様と双方の関係を円滑にするための各種施策の立案・実施
    • 各種法令に基づき株主データを作成するなど、株主の皆様の管理
  8. 当社の広報・IR業務に関連して取得した個人情報
    • 広報・IR活動のための情報の提供・収集
  9. 当社の社員採用応募者および社員の皆様に関する個人情報
    • 採用応募者への採用情報などの提供、連絡、採用選考
    • 当社における採用業務管理
    • 入社後は、社員の雇用管理(給与・健康管理、安全管理、人事考課、勤怠管理、緊急時の連絡など)のため
  10. 当社の社員(その扶養家族含む)及び支払対象者に関する特定個人情報
    • 当社が取り扱う特定個人情報関連事務の実施のため

開示対象個人情報の利用目的

 ※個人情報保護法 第18条第4項第1号から3号までに該当する場合を除く

  1. お客様(慢性疾患重症化予防サービス対象者の皆様)に関する個人情報
    • お客様への慢性疾患重症化予防サービスの提供・発送
    • お客様から寄せられたご意見・ご要望・ご相談・お問い合わせへの対応
    • お客様へのサービス向上のための商品・サービスの開発、サービスの提供
    • お客様へのサービス向上のためのアンケート調査・モニター実施
    • お客様との契約の履行(慢性疾患重症化予防サービス個人会員の皆様)
  2. お客様(慢性疾患重症化予防サービス対象者の皆様)に関する通話音声記録
    • 慢性疾患重症化予防サービスの品質の維持・向上および品質の評価
    • 電話応答の正確性確保
  3. 研修会に参加された皆様に関する個人情報
    • 参加された皆様が申し込まれた料理教室・研修会等のサービス案内の提供・発送
    • 参加された皆様からお問い合わせの料理教室・研修会等イベント案内の提供・発送
    • 参加された皆様からお問い合わせの関連商品・サービスの案内・提供・発送
    • 参加された皆様から寄せられたご意見・ご要望・ご相談・お問い合わせへの対応
  4. 医療関係者(国保・健保など)の皆様に関する個人情報
    • 慢性疾患重症化予防サービスなど商品・サービスに関する情報提供
    • 慢性疾患重症化予防サービスなどの適正な提供に関する情報提供・収集・検討
    • 慢性疾患重症化予防サービスなどのサービスの品質に関するお問い合わせへの対応
    • 慢性疾患重症化予防サービスなどに係る医療情報・学術情報の提供・収集・検討
    • 医業関連情報などの提供・収集・検討
    • 各種挨拶状などの送付
  5. 当社と取引関係にある法人または団体の皆様に関する個人情報
    • 業務上必要な諸連絡、商談、契約の履行
    • 取引先情報管理、支払・収入処理
  6. 株主の皆様に関する個人情報
    • 会社法などの法令に基づく株主の皆様の権利行使および義務の履行
    • 当社からの各種連絡の送付または株主としての各種便宜の提供
    • 当社および株主の皆様と双方の関係を円滑にするための各種施策の立案・実施
    • 各種法令に基づき株主データを作成するなど、株主の皆様の管理
  7. 当社の社員採用応募者および社員の皆様に関する個人情報
    • 採用応募者への採用情報などの提供、連絡、採用選考
    • 当社における採用業務管理
    • 入社後は、社員の雇用管理(給与・健康管理、安全管理、人事考課、勤怠管理、緊急時の連絡など)のため
  8. 当社の社員(その扶養家族含む)及び支払対象者に関する特定個人情報
    • 当社が取り扱う特定個人情報関連事務の実施のため

個人情報に関するお問い合わせ窓口・苦情の申し出窓口

当社への個人情報に関するお問い合わせにつきましては、下記の窓口までお申し出ください。

株式会社DPPヘルスパートナーズ 個人情報お問い合わせ窓口
住所:〒732-0828 広島県広島市南区京橋町1-23 三井生命広島駅前ビル2F  
電話番号:082-263-8874 メールアドレス:info@dpphp.jp
受付時間:9:00~18:00(土日祝日、年末年始、当社が定める休日を除く)

個人情報の利用目的の通知

当社は、ご本人から個人情報の利用目的の通知の要望があったときは、以下の場合を除き、所定の手続きでご本人であることを確認のうえで、遅滞なく対応します。

  1. 利用目的を本人に通知することにより本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
  2. 利用目的を本人に通知することによって当社業務の権利または正当な利益を害する恐れ(業務の適切な運営に支障をきたす恐れ等)がある場合
  3. 国の機関または地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合において、利用目的を本人に通知することにより、その事務の遂行に支障をきたす恐れがある場合
  4. 取得の状況からみて利用目的が明らかな場合
  5. 上記項目「開示対象個人情報の利用目的」に記載されている利用目的が明らかな場合
開示対象個人情報の開示

当社は、ご本人から個人情報の開示の要望があったときは、以下の場合を除き、所定の手続きでご本人であることを確認のうえで、遅滞なく対応します。

  1. 本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
  2. 当社の業務の適切な運営に著しい支障をきたすおそれがある場合
  3. 法令に違反することとなる場合
  4. ご本人であることが確認できない場合
個人情報の内容の訂正など

当社は、ご本人から個人情報の内容の訂正、追加、削除の要望があったときは、所定の手続きでご本人であることを確認のうえで、遅滞なく対応します。

個人情報の利用停止・消去・第三者提供の停止

当社は、ご本人から個人情報の利用停止・消去・第三者提供の停止の要望があったときは、所定の手続きでご本人であることを確認のうえで、遅滞なく対応します。
なお、場合により、利用停止・消去・第三者提供の停止の要望に応じられないことがありますので、ご了承ください。

【1】個人情報の開示等の請求手続き
【2】個人情報の内容の訂正、追加、削除の手続き
【3】個人情報の利用停止・消去・第三者提供の停止の手続き

【1】~【3】の上記手続きをご希望の方は、 「個人情報開示等の申請書・報告書」をダウンロード(PDFファイル)し、必要事項をご記入いただき、所定の本人確認書類を添えて、下記の宛先までご郵送ください。

ご本人からの要望であることを確認のうえで、【1】の手続きに際しては手数料として400円分の郵便切手をご請求させて頂きます。
「個人情報開示等の申請書・報告書」と共に郵便切手をお送りください。
なお、検討の結果、開示または利用目的の通知を行わない場合でも、手数料の返却は行いません。

【2】個人情報の訂正、追加、削除の手続きおよび【3】利用停止、消去、第三者提供の停止の手続きに関しては手数料をいただきません。
また、郵送料などの実費につきましては、いずれの手続きでもご本人の負担となります。

上記手続きについてご質問などがございましたら、下記の受付窓口までご連絡ください。

  1. 受付窓口・申請書類の宛先
    株式会社DPPヘルスパートナーズ 個人情報お問い合わせ窓口
    住所:〒732-0828 広島県広島市南区京橋町1-23 三井生命広島駅前ビル2F  
    電話番号:082-263-8874 メールアドレス:info@dpphp.jp
    受付時間:9:00~18:00(土日祝日、年末年始、当社が定める休日を除く)
  2. 本人確認用書類
    開示等をご希望の方の氏名および住所と同一の氏名および住所が記載されている以下の書類のいずれか1通を添付ください。
    1. 運転免許証のコピー
    2. パスポートのコピー
    3. 健康保険の被保険者証のコピー
    4. 年金手帳のコピー
    ※ 本籍等・機微な個人情報の記載がある場合は、黒く塗りつぶしてください。
    ※ ご本人との連絡を記録するため、本人確認用書類は返却いたしませんが、当社にて厳重に保管いたします。
  3. 代理人確認用書類
    本人が委任した代理人の場合
    1. 委任状 (本人の署名と実印捺印)                1通
    2. 委任状に捺印された本人の実印の印鑑証明書          1通
    3. 代理人を確認するための書類(3.本人確認用書類をご参照)
    親権者もしくは成年後見人からの申し出の場合
    1. 登記事項証明書                      1通
    2. 家庭裁判所の証明書                     1通
    3. 登記事項証明書などその資格を証明する書類      いずれか1通
      (開示等の請求手続きをする日から、30日以内に発行されたものに限ります。)
    4. 親権者もしくは成年後見人自身の本人確認資料(3. 本人確認用書類をご参照)
    ※ご本人との連絡を記録するため、本人確認用書類は返却いたしませんが、当社にて厳重に保管いたします。
 
認定個人情報保護団体の名称および苦情の解決の申し出先

当社は、経済産業大臣および総務大臣より認定を受けた認定個人情報保護団体である一般財団法人日本情報経済社会推進協会の対象事業者として登録しております。
同協会では、対象事業者の個人情報の取扱いに関する苦情・相談を受け付けております。

  1. 認定個人情報保護団体の名称
    一般財団法人日本情報経済社会推進協会
  2. 苦情解決の申し出先
    【当社のサービスに関する問い合わせ先ではありません】
    一般財団法人日本情報経済社会推進協会
    プライバシーマーク推進センター 個人情報保護苦情相談室
    住所:〒106-0032 東京都港区六本木一丁目9番9号 六本木ファーストビル内
    電話番号:03-5860-7565
    フリーダイヤル:0120-700-779
ページの先頭へ戻る

重症化予防プログラムとは?

  • 重症化予防プログラムとは?
  • 糖尿病重症化予防指導プログラム
  • CKD重症化予防指導プログラム
  • 脳梗塞再発予防指導プログラム
  • 心筋梗塞再発予防指導プログラム
  • 高血圧疾病管理指導プログラム

ヘルスパートナーについて

プログラム導入のメリット